【航海士志望必見】東京海洋大学品川キャンパスと越中島キャンパスの違い

f:id:theshipofficer789:20200206211226j:plain

女性航海士ブロガーの春(@oharu789)です。

 

私の出身大学である東京海洋大学の品川キャンパスと越中島キャンパスのお話です。

航海士を目指すにあたって、大学選びは一番最初に挙がる問題でしょう。

 

しかし、マイナーな進路だからこそ情報収集が大変。

私も実際に入学してから「そうなんだ!」と思ったことがたくさんありました。

 

そこで今回は、実際に東京海洋大学品川キャンパスを卒業し外航船員として働く私が品川キャンパスと越中島キャンパスの違いについて考えてみました。

大学受験を控えている方や航海士って何だろう?という方のお手伝いができれば幸いです。

 

※私が在籍していた頃とは多少制度が変わっており、今は違うよ!ってところもあると思います。あくまでも一個人の経験として参考にしてみてください。

※船乗りには主に、船の操縦を担う「航海士」とエンジンなど機器の管理を担う「機関士」があります。

 

 

 

 

偏差値は品川キャンパスが少しだけ高い

「積まれた本と、徹夜で調べものをする様子」の写真[モデル:Max_Ezaki]

「東京海洋大学 偏差値」と検索すると、どのサイトでも品川キャンパスの偏差値がわずかに高いことが見受けられます。

 

例えばこちらの『大学受験パスナビ』。

 

 

f:id:theshipofficer789:20200206160717j:plain

引用:https://passnavi.evidus.com/search_univ/0245/difficulty.html

 

越中島キャンパスにある海洋工学部の偏差値が50.0~55.0なのに対し、品川キャンパスにある海洋生命科学部は55.0~57.5、海洋資源環境学部は52.5~57.5と表示されています。

なお、入試科目は学部・学科で大きく変わります。

 

理系科目が苦手な方は、海洋政策文化学科だと個別学力試験の1科目が小論文なのでおすすめ!

ただ、航海士志望の方は入学後数学や物理の授業で苦労すると思います……。

 

 

どちらも三級海技士の資格が取れる

「擦れ違う2隻の大型客船」の写真

いわゆる"大きな船"に乗って航海士として働きたいと思ったときに必要なのが「三級海技士」という資格です。

 

航海士としての仕事場には

 

  • 貨物船(コンテナ船・タンカーなど)
  • フェリー
  • 研究船
  • 大学の練習船
  • 漁船

 

などがありますが、これらを運航する会社の海上職(航海士や機関士など)として入るときに三級海技士は必要になります。

 

東京海洋大学では、品川キャンパスでも越中島キャンパスでもこの三級海技士を取得することができます(機関士は越中島キャンパスのみ)。

 

三級海技士を取得できる大学や大学校は他にも

 

  • 長崎大学(のち東京海洋大学水産専攻科)
  • 鹿児島大学(のち東京海洋大学水産専攻科)
  • 神戸大学
  • 東海大学
  • 水産大学校
  • 海技大学校

 

などがありますが、航海士を目指すうえで最もポピュラーなのが

 

東京海洋大学 海洋工学部(越中島キャンパス)

神戸大学 海事科学部

 

でしょう。

 

その理由は次でご説明します。

 

 

海運大手への就職は越中島キャンパスが有利

「書類選考通った!(就活女子)」の写真[モデル:河村友歌]

東京海洋大学海洋工学部と神戸大学海事科学部は、どちらも東京商船大学神戸商船大学という長い歴史のある商船大学が前身となっています。

そのため、船会社には両大学出身の先輩方が数多くいらっしゃいます。

 

実際、海運大手といわれお給料の良いイメージのある日本郵船や商船三井といった会社も、この両大学から多く新入社員を採用しています。

 

入学前から「自分の夢は外航船の航海士、そして船長だ!」という明確な夢を持つ方であれば、東京海洋大学海洋工学部や神戸大学海事科学部を目指したほうが後々有利になります。

 

一方で、東京海洋大学品川キャンパスの前身は東京水産大学とこれまた歴史は長いですが、海運大手へ就職するのは毎年1~2名程度。

年によっては0のときもあります。

 

業界的にも「越中島や神戸の方が上」なんて風潮が(たまーに)あり学生時代のカリキュラムも大きく異なります。

越中島キャンパスにはある就職情報が品川キャンパスにはないなんてことも……(実際ありました)。

 

よく検討することが大切です。

 

ここまで読むと品川キャンパスに進学するメリットは???

となってしまうかと思いますが、研究船などへの就職に関しては弱いイメージはありません。

あくまでも海運大手への就職率が異なるということです。

 

また、品川キャンパスでは3年次にある1か月の乗船実習(日本一周)を実際に体験してから水産専攻科への進学を決めることができます。

航海士興味あるけど、乗ったこともないし船酔いもするかもしれないし決断できない……という方にはおすすめ!

 

やっぱり船はいいや、となったとしても所定の単位を取得すれば教員や学芸員の免許がとれますし、旧水産大だからこそ卒業生の多い水産系の会社への就職は強いので安心です。

 

POINT

品川キャンパス水産専攻科の醍醐味はなんといっても南極航海!

確実に毎年行けるとは限らないようですが、船から見る氷山やオーロラは格別です。

 

 

品川キャンパスと越中島キャンパスの立地・建物

「今日はストロングゼロで飲み会」の写真

品川キャンパス

f:id:theshipofficer789:20200206194542p:plain

引用:https://www.kaiyodai.ac.jp/overview/announcement/access/shinagawa.html

◆JR線・京浜急行線 品川駅港南口(東口)から徒歩10分

◆東京モノレール天王洲アイル駅から「ふれあい橋」 を渡り正門まで約15分

◆りんかい線天王洲アイル駅から「ふれあい橋」を渡り正門まで約20分

 

 

東京の主要駅であり新幹線も通る品川駅が最寄り駅になる品川キャンパス。

ビジネス街でもあるため大学周辺は居酒屋やファミレス、カフェがたくさん。

 

安いカラオケ屋もあるので空き時間は友人と気軽に遊びに行くことができます。

学生はみんな駅周辺でアルバイトをしているため、仕事ぶりを観察に行くことも(笑)

 

大学の建物は比較的新しく清潔です。

また、品川キャンパスには選考は厳しいですが1人部屋の朋鷹寮があります。

 

 

越中島キャンパス

f:id:theshipofficer789:20200206194939p:plain

https://www.kaiyodai.ac.jp/overview/announcement/access/ecchujima.html

◆JR線京葉線・武蔵野線 越中島駅(各駅停車のみ)から徒歩2分

◆地下鉄東西線・大江戸線 門前仲町駅から徒歩10分

◆地下鉄有楽町線・大江戸線 月島駅から徒歩10分

 

 

越中島キャンパスの最寄り駅である越中島駅は、深川不動堂がある門前仲町駅の隣駅。

もんじゃ焼きで有名な月島まで徒歩で行ける距離にあります。

 

越中島キャンパスの良さは、なんといっても安くて美味しい居酒屋が多いこと!

また、近くにイトーヨーカドーがあるため食料品や日用品など日々の買い物には困りません。

 

建物は品川キャンパスより古い印象ですがその分外観が重厚で美しく、多くのドラマ撮影のロケ地になっています。

朋鷹寮に比べ選考がゆるく入りやすい海王寮があるのも越中島キャンパス。

こちらは2人部屋になります。

 

 

おわりに

「錆びた係船柱と港でくつろぐ野良猫」の写真

いかがでしたか?

 

今回は航海士の養成機関のひとつである東京海洋大学の品川キャンパスと越中島キャンパスの紹介をしました。

どんな違いがあるの?と疑問を持つ方に向け、卒業生なりの印象をふまえながら書いたので参考になれば幸いです。

 

この文章は随時加筆・修正予定です。

ご質問があればサイドバーのお問い合わせからメールをお願いします。

 

それでは、ディスミス!